FOLLOW US

トッテナムのサポーターズクラブ、スタッフの給与カット方針に対し声明発表

トッテナムのサポータークラブが声明を発表した [写真]=Getty Images

 トッテナムのファンがクラブに対し怒りを見せているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 新型コロナウイルスが世界中で広がり、サッカー活動が中断されているため、トッテナムは「会長からのメッセージ」と題し公式サイトに550人のノン・プレイング・スタッフの給与をカットする方針を示していた。

 トッテナム·ホットスパー·サポーターズ·トラスト(THST)は、これを受け、ダニエル・レヴィ会長にファンが不満をためていると発表。同メディアによると、レヴィ会長も給与カットを受け入れているものの、THSTはクラブの方針を非難する声明を発表したようだ。

「私たちは、クラブが現在よりもさらに明確にサポーターに詳細とニュアンスを説明することを強く求めます。私たちはクラブが私たちの意見を受け入れることを望んでいます」

「クラブが正しいことをしているかどうか気にかけているファンたちが最も不満をためているのは、非常に裕福な組織が、スタッフの給料を削減し、政府に援助を求めている一方で、最も高い給料をもらっている個人が収入を維持していることです。これに関してはスパース(トッテナムの愛称)のコミュニティーに限ったことではないが、クラブが裕福で経営状態が良いという報道もあることから、注目されています」

「PFA(イングランドサッカー選手協会)やLMA(リーグ監督協会)との合意なしにプレーヤーやコーチングスタッフの契約変更ができないことは認識しています。今回のクラブコメントは不正確です。しかし、最も弱い立場にある人々が大きな負担を負わないように、クラブの選手たちが自発的に貢献するのを止めることはありません。会長を含むクラブの理事が、20パーセントの賃金カットに加えて、さらなる個人的な貢献をすることを妨げるものも何もありません。クラブ理事会に直接提出したポイントは今後も継続し、これが、ファンが圧倒的に支持する行動方針であることをここに明確に示します」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO