FOLLOW US

マンU、ウッドワードCEO宅襲撃事件に関し『サン』紙をIPSOに提訴

襲撃されたウッドワード氏 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uがイギリス紙『サン』に対する訴状を独立報道基準機構(IPSO)に提出したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 同メディアによるとマンチェスター・Uは、CEOを務めるエド・ウッドワード氏宅襲撃事件に関し、『サン』に対する訴状を提出したようだ。

 1月28日の夜、フードを被った集団がウッドワード氏の自宅に発煙筒を投げこむなど襲撃。「ウッドワードは死ぬ」といった言葉を口にしながら襲撃する様は動画に収められ公開されていた。

 これに関しマンチェスター・Uは、「サンが犯罪、そして脅迫が起こることを事前に知っていながらあたかも今起こったことを知ったかのようにふるまいジャーナリストが報道したこと。そして画像のクオリティから写真家が同行していたと考えている」と声明を発表。「報道機関の自主規制システム及び倫理基準に関する重要なテストとして強い関心を持ち判決を待つ」とコメントしている。

 一方『サン』のスポークスマンはこの件に関し次のように声明を発表している。

「サンはウッドワード氏宅襲撃事件を強く非難し、全面的に警察に協力している。しかし、サンは他の全ての新聞と同様に報道する権利を守る」

「サンは起こったことをありのまま報じた。我々のレポーターは事前に知っていたり、犯罪行為を奨励、扇動したことはない。記事では行動が犯罪行為であり到底受け入れられないことを明らかにしている。サンは報道に携わる者としての行動規範を心から遵守し、IPSOに提出された訴状に対し弁論する」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA