FOLLOW US

マンU指揮官、負傷が続くポグバに言及「プレーを切望している」

マンチェスター・Uに所属するポグバ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、同チームに所属するフランス代表MFポール・ポグバについて語った。29日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ポグバは現在、足首の手術を経てギプスを装着しており、復帰時期の見通しは未だ立っていない。取材に応じたスールシャール監督は、今シーズンの公式戦で8試合の出場に留まっている同選手に対して、以下のようにコメントしている。

「今シーズンのポールは負傷が多く、とても苦しい時間を過ごしている。彼は大きなピッチでのサッカーを切望しているよ」

「現段階では正直、負傷の時期を見極めるのは難しい。ただ、彼自身は本当にプレーするのが好きなんだ。試合だけでなく、トレーニングも心の底から楽しんでいる印象を受けるね」

「彼の負傷にがっかりしている部分はある。しかし、今もポールの能力に疑いの余地はないね。トップクラスの選手だ。彼が戻ってくる時を楽しみにしているよ」

 現在リーグ戦で5位につけるマンチェスター・Uは、今後ポグバを迎えて上位へ浮上できるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO