FOLLOW US

ケイン離脱のトッテナム、代役としてピョンテク獲得か…約42億円を用意

トッテナムが関心を示すミランFWピョンテク [写真]=Getty Images

 トッテナムはミランに所属するポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクの獲得に関心を示しているようだ。9日、イギリス紙『ガーディアン』などが報じた。

 トッテナムは9日、プレミアリーグ第21節サウサンプトン戦で負傷したハリー・ケインが、4月まで離脱することを発表。ストライカー不在の緊急事態になったことで、急きょピョンテクをリストアップした模様だ。

 現在24歳のピョンテクは、2018年夏にジェノアへ移籍すると、セリエAデビュー戦から7試合連続ゴールといきなり大活躍。昨年1月のミラン加入後も得点を重ね続け、2018-19シーズンのセリエAは得点ランキング3位となる22ゴールをマークした。しかし、今シーズンはチームの不振を受け、18試合で4得点に留まっている。そんな中、今冬に元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがミラン復帰を果たし、今後はピョンテクの出場機会が減少すると考えられている。

 そんな同選手の獲得には、トッテナムのほかにもウェストハムとアストン・ヴィラが関心を示している。トッテナムは争奪戦を制すべく、ミランの要求する移籍金3500万ユーロ(約42億円)を用意するようだ。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO