FOLLOW US

大逆転のち同点弾献上のマンU指揮官「選手たちが勝ちたいと思うことは疑わないが…」

スールシャール監督はこの引き分けから多くを学んだようだ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、3-3と引き分けに終わったプレミアリーグ第13節のシェフィールド・U戦を振り返った。イギリス紙『デイリーメール』が24日に報じている。

 試合はシェフィールド・Uが後半途中まで2-0と優勢に試合を進めたが、マンチェスター・Uが7分間で3点を奪う大逆転劇を披露。しかし、90分に同点弾を献上し、引き分けに終わった。

 指揮官は「私はとても怒っていて、がっかりした。ハーフタイムにはGKを除いた全選手を交代したかもしれない」と怒りのコメント。逆転に成功しながら追いつかれてしまったことについては「選手たちが勝ちたいと思っていることは疑わないが、若い選手はこのような挑戦で勝つ方法を知らないことがある。今日は多くのことを学んだ」と決して悲観はしていないようだ。

 とはいえ、「今日は非常に良くないパフォーマンスだった。正直に言えば、(0-4で敗戦した)エヴァートン戦を思い返してしまった。その時は諦めてしまったが、今日はそうではなかった。今はポジティブだが、この試合の大部分はネガティブだ」と勝利目前での引き分けにショックを隠せなかった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO