FOLLOW US

現役引退のGKチェフ、アイスホッケー選手に華麗なる転身!…今週末デビューへ

現役を引退したチェフ氏がアイスホッケー選手に転身 [写真]=Getty Images

 元チェコ代表GKペトル・チェフ氏が、アイスホッケー選手としてデビューをするようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』などが9日に報じた。

 プレミアリーグやチェコ代表で活躍した守護神が、スパイクをスケート靴に履き替えて華麗なる転身を遂げる。現在37歳のチェフ氏は、チェルシーやアーセナルで活躍し、昨シーズン限りで現役を引退。古巣のチェルシーにテクニカル&パフォーマンスアドバイザーとして復帰していたが、同時にアイスホッケーの選手としてのキャリアもスタートさせた。

 イギリスのアイスホッケークラブであるギルフォード・フェニックスは9日にチェフ氏の加入を発表。同氏はクラブ公式サイトを通じて、「フェニックスでプレーする機会をもらえて嬉しい」と語った。
 
「この若いチームの今シーズンの目標達成に貢献したいし、プレーするチャンスがあるときは可能な限り多く勝ちたいと思っている。20年間のフットボールのプロキャリアのあと、観戦が大好きで、子供のころにもやっていたスポーツができるなんて、素晴らしい経験だ」

 ロンドン南西部のギルフォードに本拠地を構えるギルフォード・フェニックスは2017年に設立され、現在はイギリス4部相当のリーグに所属。チェフ氏は第3のゴールテンダー(アイスホッケーのGK)として加入し、13日に行われるスウィンドン・ワイルドキャッツ2との試合でデビューを飾る可能性があるようだ。

 チェフ氏は少年時代に母国チェコで人気のアイスホッケーをしており、2017-18シーズン開幕前には母国でアイスホッケーの試合に出場したことが報じられていた。今年のはじめには、ギルフォードにある別チームのギルフォード・フレイムズで練習をしていたという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA