FOLLOW US

今季苦戦中のトッテナム、来季の監督として英代表監督サウスゲートが候補か

今シーズン苦戦しているポチェッティーノ監督

 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がシーズン終了時に辞めた場合、トッテナムはイングランド代表の監督であるガレス・サウスゲート氏を就任させる狙いがあるようだ。29日、イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 ポチェッティーノ監督は、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝の前に、トッテナムがチャンピオンズリーグで優勝した場合、自身は去ることができると言っており、それは2014年から指揮していた5年間のプロジェクトの集大成だったと思われる。

 一方、サウスゲート監督は、来年行われるユーロの後にクラブの監督に戻って指揮する可能性があるようだ。イングランド代表のハリー・ケイン、デレ・アリ、ハリー・ウィンクス、ダニー・ローズ、エリック・ダイアーらの選手はすべて、サウスゲート監督の指導の下でイングランド代表と共に大きく成長したと同紙は評価している。

 トッテナムはすでに7試合が終わった時点でプレミアリーグ首位のリバプールと10ポイント差で、カラバオカップでは格下であるコルチェスター・ユナイテッドにPK戦の末、敗戦するなど苦しい状況が続いている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO