2019.09.14

負傷のラポルテは来年1月〜2月まで離脱…ストーンズとジェズスは今節復帰へ

ラポルテ
8月のブライトン戦で負傷したラポルテ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するフランス代表DFアイメリク・ラポルテは、来年の1月〜2月に復帰できるようだ。イギリスメディア『BBC』が13日に報じた。

 ラポルテは8月31日に行われたプレミアリーグ第4節のブライトン戦で、ひざの軟骨と半月板を負傷。バルセロナで手術を受けて、長期離脱が見込まれていた。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督は、ラポルテの離脱期間について、「5〜6カ月だ」と明かし、復帰は「来年の1月か2月だろう」と話した。

 またクラブ公式サイトによると、ひざの負傷で4月の出場を最後に離脱しているフランス代表DFバンジャマン・メンディはすでに練習に合流し、復帰間近のようだ。グアルディオラ監督は「この2〜3週間トレーニングを行い、全てが順調だ。ひざの状態も良くなっているから、次の数試合で出場できるといい」と語った。

 さらに指揮官は、右ひざの負傷で離脱を強いられているドイツ代表FWレロイ・サネについても言及。「彼は2日前に(リハビリのために)クラブに戻ってきた。今シーズン中には復帰できるだろう。12月から来年2月ぐらいには万全の状態になるはずだ」

 一方で、離脱していたイングランド代表DFジョン・ストーンズとブラジル代表FWガブリエル・ジェズス、さらに病気により代表を離脱していたドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの3選手はすでに回復し、14日に敵地で行われるプレミアリーグ第5節ノリッジ戦のメンバーに入るようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
18pt
バルセロナ
16pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング