FOLLOW US

トッテナム指揮官、マンU戦のラフプレーを謝罪「積極的なプレーも必要だが…」

マンチェスター・U戦で多くの収穫を得たポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、25日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのマンチェスター・U戦後(1-2で敗戦)に試合前半のプレーを謝罪した。

 12分にイングランド代表MFデレ・アリがイエローカードを貰うと、14分にはペナルティエリアぎりぎりの位置で、フランス代表MFムサ・シソコもウェールズ代表FWダニエル・ジェームスに対して遅れてスライディングタックル。さらに24分、シソコがジェームスからボールを奪った際にシソコの足裏がジェームスに深く入ると、両チームの選手による激しい口論に発展した。

トッテナム対マンチェスター・U

シソコのプレーを巡って口論になる両チームの選手 [写真]=Getty Images

 ポチェッティーノ監督は試合後のインタビューで、「マンチェスター・Uに対しては、私が選手を代表して謝りたい。いくつかの状況に対しては若干の怒りを覚えている。対応が遅れれば、何かが起こる。そのことに対しては不満だね。(プレシーズンでは)時に積極性と情熱を持ってプレーすることも必要だが、その主目的はフィットネスの向上とチーム戦術の浸透にあるんだ」と行き過ぎたプレーについて謝罪した。

 一方、マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、「私は心配していない。これは競争的なスポーツで、私たちはリーグに向けて準備しているんだ。相手がタックルを仕掛けたとき、私たちの選手はただ構えていたわけではなかった。私たちはよくやったし、とてもいい試合だったと思うよ」と、同じリーグのチームとの実戦的な試合内容での一定以上のパフォーマンスに満足感を示した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO