FOLLOW US

左SBが手薄なリヴァプール…クロップ監督「どうなるかは見てみよう」

リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が今夏の左サイドバック獲得に言及した。14日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 リヴァプールは、昨シーズン限りで契約が満了したスペイン人DFアルベルト・モレノが退団し、本職の左サイドバックがスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのみとなっている。同選手は今夏に感染症の手術を受けたこともあり、先日のプレシーズンでは19歳のイングランド人DFアダム・ルイスと、18歳のフランス人DFヤセル・ラローチが45分ずつプレーしていた。

 新たな左サイドバックの獲得についてクロップ監督は「獲得するとは言えないし、しないとも言えない。すでに言っているが、我々はすべてのことについて考えなければならない。そして最後には何もしないかもしれない。もちろん、我々は左サイドバックを一人失ったが、2人の若い選手がいる。そしてジェイムズ(ミルナー)もいる。どうなるかは見てみよう」と語り、獲得に動くかは肯定も否定もしなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA