2019.05.15

「ネクスト・ベイル」は魅力がいっぱいのトッテナムに加入希望?

ライアン・セセニョン
「ネクスト・ベイル」として期待が寄せられるフルアムのセセニョン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フルアムに所属するイングランドU-21代表MFライアン・セセニョンが、トッテナムに加入することを希望している模様だ。14日にイギリス紙『イヴニング・スタンダード』が報じた。

 18歳のセセニョンは、左サイドの全ポジションをこなすそのプレースタイルが、若かりし頃のウェールズ代表FWギャレス・ベイルレアル・マドリード)を彷彿とさせることから、「ネクスト・ベイル」とも呼ばれている。トッテナムのほかにも、マンチェスター・Uパリ・サンジェルマンユヴェントスも関心を示しているが、セセニョン自身は移籍先のファーストチョイスに、3つの理由からトッテナムを考えている模様だ。

 その3つの理由とは、第1にロンドンでの生活が継続できること(フルアムトッテナムの距離は約18km)、第2にチャンピオンズリーグ(CL)の舞台に出場可能であること(トッテナムは来シーズンのCL出場が決定)、第3にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下でのプレーを希望していることだという。

 特に、3つ目のポチェッティーノ監督の存在が移籍を望む最大の理由のようで、イングランド代表FWハリー・ケインをはじめとした多くのイングランド人選手が同指揮官の下で成長を遂げていることから、自身のキャリア形成に最適なクラブはトッテナムだと考えているようだ。

 フルアム側はセセニョンの移籍金に4000万ポンド(約57億円)を要求しているが、同クラブとセセニョンの契約は残り1年で契約延長に至る見込みも低いことから、今夏での放出は必須級だ。トッテナムはそのジレンマにつけ込み、2500万ポンド(約35億円)での獲得を狙うと見られている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング