2019.05.10

ヤヤ・トゥーレが現役引退へ…バルセロナ、マンCで多くのタイトルを獲得

バルセロナやマンチェスター・Cで活躍したヤヤ・トゥーレが現役引退を表明した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナやマンチェスター・Cでプレーした元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、現役引退を表明した。10日に各国のメディアが報道している。

 トゥーレはバルセロナ在籍時の2008-09シーズンに、チャンピオンズリーグ優勝を経験。同シーズンはリーグ戦とコパ・デル・レイも制し、『三冠』を達成した。マンチェスター・C移籍後も3度のプレミアリーグ制覇を成し遂げるなど、数多くのタイトルを獲得してきた。

 また、コートジボワール代表として、2006年から3大会連続でワールドカップに出場。2014年のブラジル大会では日本代表と対戦し、勝利を収めている。

 今回の引退発表は、トゥーレの代理人を務めているディミトリー・セルク氏が、自身のTwitterアカウントで公表。引退後はコーチとして指導者の道に進むことも明かしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る