2019.05.05

リヴァプール、大苦戦もプレミア制覇に望みつなぐ勝利 しかしサラーが頭部負傷交代…

ディヴォック・オリジ
決勝点を決めたオリジ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第37節が4日に行われ、ニューカッスルリヴァプールが対戦した。

 3戦負けなしのニューカッスルは5-4-1の布陣。武藤嘉紀はベンチスタートとなった。チャンピオンズリーグ準決勝第1戦、バルセロナとのアウェイゲームで0-3の敗戦を喫してから中2日のゲームとなったリヴァプールは、ロベルト・フィルミーノがベンチ外。ダニエル・スタリッジがセンターフォワードに入った。

 試合は開始13分、トレント・アレクサンダー・アーノルドの右CKにフィルジル・ファン・ダイクがヘディングで合わせてリヴァプールが先制すると、ここからオープンに。20分、ニューカッスルは右サイドでボールを回して逆サイドのエリア内へ大きく展開すると、マット・リッチーの折り返しをサロモン・ロンドンがダイレクトシュート。アーノルドがブロックに入ったが、こぼれ球をクリスティアン・アツが蹴り込んで、すぐさま同点に。

フィルジル・ファン・ダイク

先制点を決めたファン・ダイク [写真]=Getty Images

 今度は28分、右サイドのスローインからスタリッジのヒールパスをもらったアーノルドのクロスに、モハメド・サラーが右足ボレーで合わせて、リヴァプールが勝ち越して前半を終える。

 後半に入ってホームの声援に押され、鋭く攻めるニューカッスルは54分に追いつく。右CKの流れから最後はロンドンが決めた。リヴァプールには追い打ちをかけるように、69分にサラーが負傷。ゴール前での浮き球の競り合いで、GKマルティン・ドゥブラフカと接触し、頭部を激しく打ち、担架で固定されてピッチを後にすることになった。

モハメド・サラー

ピッチに倒れ込んだサラー [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ優勝が遠のく結果となりかけたリヴァプールだったが、交代選手が結果を出す。ジェルダン・シャキリの右サイドからのFKに、サラーとの交代で入ったディヴォック・オリジがヘディングで合わせてネットを揺らした。これが決勝点となり、3-2でリヴァプールが競り勝った。ニューカッスルの武藤は試合終盤に途中出場している。

 勝ち点を94としたリヴァプールは6日に試合を控えるマンチェスター・Cに勝ち点2差をつけて暫定で首位浮上。優勝の行方は最終節までもつれることになった。今後は、中2日でバルセロナとのCL準決勝第2戦をアンフィールドで戦い、プレミアリーグ最終節でウルヴァーハンプトンをホームに迎える。ニューカッスルはアウェイでフルアムと対戦する。

【スコア】
ニューカッスル 2ー3 リヴァプール

【得点者】
0-1 13分 フィルジル・ファン・ダイクリヴァプール
1-1 20分 クリスティアン・アツニューカッスル
1-2 28分 モハメド・サラーリヴァプール
2-2 54分 サロモン・ロンドンニューカッスル
2-3 86分 ディヴォック・オリジリヴァプール

【スターティングメンバー】
ニューカッスル(5-4-1)
マルティン・ドゥブラフカハビエル・マンキージョファビアン・シェア(90+1分 武藤嘉紀)、ジャマール・ラッセルズポール・ダメットマット・リッチーアジョセ・ペレスキ・ソンヨンアイザック・ヘイデンクリスティアン・アツサロモン・ロンドン

リヴァプール(4-3-3)
アリソントレント・アレクサンダー・アーノルドデヤン・ロヴレン(84分 ジェイムズ・ミルナー)、フィルジル・ファン・ダイクアンドリュー・ロバートソンジョーダン・ヘンダーソンファビーニョジョルジニオ・ワイナルドゥム(66分 ジェルダン・シャチリ);モハメド・サラー(73分 ディヴォック・オリジ)、ダニエル・スタリッジサディオ・マネ

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング