FOLLOW US

マンCがカラバオ・カップ連覇!…GK交代拒否のチェルシーをPK戦で破る

マンチェスター・Cがカラバオ・カップ2連覇 [写真]=Getty Images

 カラバオ・カップ決勝が24日に行われ、マンチェスター・CがPK戦の末にチェルシーを破り、大会連覇を達成した。

 今シーズン4度目の対決となった。最初の対決はマンチェスター・Cが昨年8月のコミュニティ・シールドを制してタイトルを獲得。2戦目のプレミアリーグ第16節ではチェルシーが勝利してマンチェスター・Cのリーグ戦無敗を止めると、3戦目のリーグ第26節ではマンチェスター・Cが6-0の圧勝を収めてリベンジを達成していた。

 マンチェスター・Cは前回対戦からスタメンを2名変更し、ジョン・ストーンズとイルカイ・ギュンドアンの代わりにニコラス・オタメンディとダビド・シルバが先発出場した。6失点大敗の雪辱を狙うチェルシーも2名変更し、マルコス・アロンソとゴンサロ・イグアインに代えてエメルソンとウィリアンが先発で起用された。

 前半はマンチェスター・Cが主導権を握り、セルヒオ・アグエロが22分にペナルティエリア左でクロスを収めてシュート、28分にもエリア手前から右足で狙ったが、どちらも得点には結びつかなかった。後半に入ってマンチェスター・Cは56分、ニコラス・オタメンディのボレーシュートをエリア内のアグエロが触ってゴールネットを揺らしたが、ビデオ判定の結果、オフサイドでゴールは認められなかった。一方のチェルシーは66分、エデン・アザールがエリア左へ突破してマイナスに折り返すと、エンゴロ・カンテが飛び込むが、シュートは枠の上に外れた。

 このまま90分では決着がつかず、試合は延長戦に突入。マンチェスター・Cは110分にラヒーム・スターリングがエリア右の深い位置へ突破し、折り返しをアグエロが合わせたが、GKケパ・アリサバラガらの決死の守備に阻まれた。その際に負傷した様子のGKケパは、その後のプレー後に治療を受けたものの、交代の指示を頑なに拒否。これにはマウリツィオ・サッリ監督も怒りを抑えきれず、選手にもなだめられる騒ぎとなった。

 試合は120分でも勝敗がつかず、決着はPK戦へ。先攻のチェルシーが5人目までに2人失敗したのに対し、後攻のマンチェスター・Cは4人成功。マンチェスター・CがPK戦を制し、カラバオ・カップ連覇を達成した。

【スコア】
チェルシー 0-0(PK戦:3-4) マンチェスター・C

【PK戦】
先攻(上):チェルシー/後攻(下):マンチェスター・C
▼1人目
ジョルジーニョ:●(GKストップ)
ギュンドアン:◯

▼2人目
アスピリクエタ:◯
アグエロ:◯

▼3人目
エメルソン:◯
サネ:●(GKストップ)

▼4人目
D・ルイス:●(右ポスト直撃)
B・シルヴァ:◯

▼5人目
アザール:◯
スターリング:◯

【スターティングメンバー】
マンチェスター・C(4-3-3)
エデルソン;ウォーカー、オタメンディ、ラポルテ(46分 コンパニ)、ジンチェンコ;デ・ブライネ(86分 サネ)、フェルナンジーニョ(91分 ダニーロ)、シルバ(79分 ギュンドアン);B・シルヴァ、アグエロ、スターリング

チェルシー(4-3-3)
ケパ;アスピリクエタ、リュディガー、D・ルイス、エメルソン;カンテ、ジョルジーニョ、バークリー(89分 ロフタス・チーク);ペドロ(79分 ハドソン・オドイ)、アザール、ウィリアン(96分 イグアイン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO