FOLLOW US

「すでに決断を下したよ」…レアル加入噂のアザールが注目コメント

レアル移籍が噂されるアザール [写真]=Getty Images

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、自身の去就について注目のコメントを残した。スペイン紙『マルカ』が5日付で伝えている。

 アザールとチェルシーの現行契約は2020年6月までとなっているが、未だ新契約の締結には至っていない。同選手は以前からレアル・マドリードへの“憧れ”を公言してきており、今夏の移籍が噂されている。先日にはマウリツィオ・サッリ監督が「エデンは28歳だ。もし彼が退団したいのなら、そうするべきだよ」と発言し、レアル・マドリード加入が現実味を帯びてきていた。

 そんな中、アザールはフランスのラジオ番組『RMC』内で去就について口を開いた。同選手は「すでに決断を下したよ。自分がどうするかは分かっている」とコメント。自身の今後について方向が定まっていることを明かした。移籍か残留かについては明言を避けたが、サッリ監督の発言内容を踏まえても、同選手はレアル・マドリードに移籍するとの見方が強まっている。

 獲得には移籍金1億1200万ユーロ(約140億円)を要すると見られるが、今夏にもビッグディール成立が見られそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO