2019.01.04

コンパニはサポーターに感謝…マンCの選手が歓喜、アグエロ「ライバルに大勝利!」

マンチェスター・C
マンチェスター・Cの選手が歓喜のコメント [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cの選手たちがリヴァプール戦後、歓喜のコメントを挙げた。

 1月3日、プレミアリーグ第21節が行われ、2位マンチェスター・Cは首位リヴァプールと対戦した。試合はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが先制点をマーク。その後失点を許したが、ドイツ代表FWレロイ・サネのゴールでマンチェスター・Cがリヴァプールを2-1で撃破した。

 この結果によりリヴァプールはリーグ戦無敗記録が「20」でストップ。マンチェスター・Cは勝ち点差を「7」から「4」に詰めた。

 マンチェスター・Cの主将のベルギー代表DFヴァンサン・コンパニは試合後次のようにコメント。クラブ公式サイトが伝えている。

「結果は心配していなかった。素晴らしいパフォーマンスに心が踊っているよ。とても激しい試合でアグレッシブなチームとやりあった」

「結果は結果だ。そしてそれでもまだ首位はリヴァプールの手にある。今日の勝利は僕たちの心の底から手に入れられたもので、言葉では説明できないような願望だったんだ。12人目の選手はファン以上のものだった。(サポーターも含め)僕たちは強いプレーができる良いチームだ」

 また、本拠地で先制点を決めるだけでなく、最後まで前線を走り回りチームを鼓舞したアグエロはスペイン語と英語で次のようにツイートしている。

「タイトルレースを続ける難しいライバルに大勝利!このチームは決してあきらめないよ。たくさんのサポートをありがとう」

 前半にオウンゴールしかけたボールをゴールラインギリギリでクリアしたイングランド代表DFジョン・ストーンズは、そのシーンを次のように振り返った。

「なんとかラインからボールをクリアしたよ。幸いなことに、僕はクリアボールがゴールに向かっていることにすぐに反応できた。あのプレーはゲームを変えたね」

「誰もがこの試合の意味の大きさを知っていた。リヴァプールに迫る大事なゲームだったんだ。僕たちはこれからも戦い続けるよ」

 なお、ポルトガル代表MFベルナルド・シウヴァや決勝点のサネらも勝利を喜んでいる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
13pt
レスター
11pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
13pt
バイエルン
11pt
ドルトムント
10pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
11pt
レアル・マドリード
11pt
グラナダ
10pt
欧州順位をもっと見る
インテル
12pt
ユヴェントス
10pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング