FOLLOW US

「契約延長の可能性も」…エジルの代理人、アーセナル退団を全否定

エジルの代理人は同選手の退団を否定した [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルの代理人は、同選手のクラブ退団を全否定した。3日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 エジルは今シーズンから就任したウナイ・エメリ監督のサッカーに適用するのに時間を催しており、複数の重要試合で起用されない場面があった。また、度重なる軽度な負傷により試合に出場しないこともあり、両者の関係性を疑うファンやメディアも少なくない。

 1月の移籍市場が開幕し、エジルのアーセナル退団の噂が浮上。一部メディアにはレンタル移籍での退団などが伝えられていたが、同選手自身がそのような噂を否定した。それに続くように、エジルの代理人もクラブ退団の噂にコメントを残した。

 エジルの代理人は次のように語っている。

「私はエジルの状況について細かいことを公の場で伝えたくはないが、過去数週間に渡って浮上し始めた退団の噂を消し、透明性を示すことが重要だと感じる。そして早くサッカーに集中することが重要だ」

「エジルは去年の1月にアーセナルと新契約を締結した。それは彼がこのクラブで将来性を感じたからで、その気持ちは未だ変わっていない。エジルはこのクラブに契約満了まで在籍したいと考えている上に、延長も視野に入れている」

「彼は100%アーセナルにコミットしているんだ。このクラブを愛し、価値観を共有しており、ここ以外のどこへも行きたくないと思っている。アーセナルのユニフォームを着用することにプライドを感じており、ピッチ上でもそれ以外でもクラブを代表していることに誇りに思っているに違いない」

「彼は今シーズンのキャプテンに選ばれたことなどに責任を感じていて、真面目に取り組んでおり、ファンやスタッフ、チームメイトらとも良い関係を築いている」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA