2018.11.24

ポチェッティーノ監督、エリクセンとの新契約は「心配していない」

クリスティアン・エリクセン
エリクセンの去就に注目が集まる [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンとの契約交渉について語った。

 2013年夏からトッテナムに所属し、現行契約は2020年まで残っているエリクセン。今年8月24日付のイギリス紙『デイリーメール』によれば、同選手はイングランド代表FWハリー・ケインと同額の給料を要求している模様で、クラブとの交渉は6カ月が経過しても合意には至っていないと伝えられていた。しかし今月13日付の『スカイスポーツ』によれば、新契約を締結する見通しとなっているとも報じられていた。

 ポチェッティーノ監督は24日のチェルシー戦前の記者会見でエリクセンとの契約交渉について問われると、次のように答えた。

「我々は何を行っているかわかっている。当然のことながら、このこと(エリクセンとの契約交渉)にハードに取り組んでいるよ」

「クラブはベストな決定を下すために動いている。クリスティアン(・エリクセン)は彼にとって最高の決断をすることがベストだ」

「我々は心配していない。サッカーのことで決してくよくよしない」

「だが、彼が新契約にサインして、トッテナムで長期間過ごすことを好むのなら、それは素晴らしいね」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る