FOLLOW US

ウェストハムに朗報、アルゼンチン代表MFランシーニが負傷から復帰

リハビリを受けるランシーニ [写真]=Getty Images

 ウェストハムに所属するアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニが、トレーニングに復帰したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に伝えている。

 6月8日、練習中に右ひざの前十字じん帯を負傷し2018 FIFA ワールドカップ ロシアの出場を断念したランシーニ。右ひざを手術した影響もあり、8月のプレミアリーグ開幕戦に間に合わず、リハビリに励んでいた。

 そして今回、ウェストハムの医療チームからトレーニング開始の許可が降りたようだ。ランシーニの手術を担当した医者は「素晴らしい進歩をみせている。彼の復帰は喜ばしいね」とコメントしている。

 なお、現在同じく負傷で離脱中のイングランド人FWアンディ・キャロルとニュージーランド代表DFウィンストン・リードについて、ウェストハムの医療チームは「アンディ・キャロルもうまく進んでおり、今週にはピッチに戻るだろう。ウィンストン・リードはもう少し長くなるだろうが、彼もまた良い回復を遂げている」と言及している。

 現在ウェストハムは開幕から4連敗中。昨シーズン、27試合に出場し5ゴールをマークしたランシーニの復帰にはサポーターからの期待がかかる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA