FOLLOW US

クルトワ獲得に失敗したら…レアル、GK補強の“プランB”は仏代表ロリス?

レアル加入が有力視されているクルトワ(左)と、補強の第2候補と報じられたロリス(右) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが、今夏の移籍市場におけるGK補強の第2候補としてトッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスをターゲットに挙げているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。

 レアル・マドリードは以前から、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワの獲得に迫っていると報じられている。スペイン紙『アス』は今月17日、スペインメディア『RMC Sport』の報道を引用しつつ、移籍金3500万ユーロ(約46億1000万円)での加入がクラブ間合意に達したと伝えた。

 今回の報道でも、レアル・マドリードがクルトワの獲得に迫っていることは伝えられている。ただ、上記の情報とは異なり、まだクラブ間合意にも達していないと『デイリーメール』は伝えている。

 そして、仮に交渉が決裂してクルトワ獲得が失敗に終わった場合、レアル・マドリードはロリスの加入を目指すことになると報じられている。トッテナム側に同選手放出の意思はないようだが、いずれにしてもレアル・マドリードが今夏の移籍市場で世界的なGKを獲得する方針であることは間違いないようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO