2018.07.23

チェルシー、ウィリアン売却を検討か…サッリ新体制に備え資金調達

ウィリアン
チェルシー退団が濃厚となっているウィリアン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーはブラジル代表MFウィリアンをバルセロナへ売却する認識を表明した模様だ。同クラブは新たに就任したマウリツィオ・サッリ監督と共に、同選手の売却について検討するとのこと。23日にイギリス紙『デイリー・メール』が報じた。

 バルセロナはウィリアンの獲得のために、チェルシーに対して6500万ポンド(約95億円)の移籍金を支払う準備ができているようだ。チェルシーは、マンチェスター・Uからも同選手に対するオファーを受けているが、国内のライバルに売却する意思は一切ないとのこと。

 チェルシーはウィリアンを売却し、サッリ監督の新体制に向けての資金調達を図ると言われている。同監督はユヴェントスのアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインや、CSKAモスクワのロシア代表MFアレクサンドル・ゴロヴィンの獲得を望んでいる。

 さらに、チェルシーはベルギー代表MFエデン・アザールと、同国代表GKティボー・クルトワの退団にも備える必要があるとのこと。同紙によると、今夏の移籍市場でチェルシーの選手の総入れ替えが予測されるそうだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る