2018.07.22

リヴァプールのクロップ監督、今夏の移籍支出への批判は「気にしない」

ユルゲン・クロップ監督
今夏積極的な補強をすすめるリヴァプールのユルゲン・クロップ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が今夏の同クラブの移籍支出への批判に対して「気にしない」と話した。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 2016年、当時最高額となる移籍金約199億円でフランス代表MFポール・ポグバがユヴェントスからマンチェスター・Uに移籍した時、クロップ監督は「その移籍金が普通になったらサッカーをやめるだろう」と話していた。

 一方で今夏、リヴァプールはローマからブラジル代表GKアリソンをGK史上最高額となる約98億円で獲得。また、モナコからブラジル人DFファビーニョ、ライプツィヒからギニア代表MFナビ・ケイタ、ストークからスイス代表MFジョルダン・シャチリも手に入れており、クロップ監督には2年前と言っていることが違う、と批判が寄せられていた。

 クロップ監督はインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)アメリカラウンドでのドルトムント戦の前日記者会見に出席。移籍関連への批判に対して「気にしない」と言及した。

「私たちの周りの世界が何を考えているかは気にしない。マンチェスター・Uも私が言ったことを気にしなかっただろう」

「自分の意見を変えたか? そうだね。変えたことは事実だ。しかし、自分の考えを変えたほうがチームにとって良いと思ったんだ」

「我々には、我々が望む選手がいる。世界は完全に変わった。優れている選手たちは、すぐには移籍してくれない。ローマで本当に長い契約を結んでいた世界クラスのゴールキーパーは、無料で移籍することはできないんだよ」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング