2018.05.11

プレミアは残り1節…マンUの2位フィニッシュ確定、CL出場権争いの行方は?

プレミアリーグは最終節を残すのみとなった [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第31節延期分が9日と10日に各地で行われ、全20クラブが37試合を消化。残すは13日の最終節のみとなった。

 すでに優勝を決めているマンチェスター・Cは勝ち点を「97」まで積み上げた。チェルシーが保持していた歴代記録(2004-05シーズン/勝ち点「95」)を更新し、最終節では「100」の大台到達を懸けて勝利を狙う。

 マンチェスター・Cと最終節で対戦するのは、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンだ。現在は17位で、2部降格圏内の18位スウォンジーとはわずか3ポイント差。とはいえ、得失点差では「9」ものリードがあるため、仮に勝ち点で並ばれても降格を免れる可能性は高い。王者を迎え撃つホーム最終戦、意地を見せることはできるだろうか。

 そして2位のマンチェスター・Uは10日にウェストハムとスコアレスドローに終わり、勝ち点を「78」とした。3位トッテナムとは4ポイント差となり、マンチェスター・Uの2位フィニッシュが確定している。またトッテナムも4位以上が確定し、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保している。

 CL出場権は残り1つ。4位リヴァプールと5位チェルシーの差は2ポイントとなっている。得失点差で大きくリードしていることから、リヴァプールはブライトンとのホームゲームで引き分け以上の結果を残せば5位転落を免れる可能性が高い。チェルシーが4位に浮上するためには、勝利が絶対条件。ニューカッスルとのアウェイゲームを制したうえで、リヴァプールの結果を待つこととなる。

 プレミアリーグ第37節終了時点での順位表は以下のとおり。第38節(最終節)は13日に全10試合が開催される。

■プレミアリーグ第37節順位
1位 マンチェスター・C(勝ち点97)◎優勝決定
2位 マンチェスター・U(勝ち点78)※順位確定
3位 トッテナム(勝ち点74)
4位 リヴァプール(勝ち点72)
===========CL===========
5位 チェルシー(勝ち点70)
===========EL===========
6位 アーセナル(勝ち点60)※順位確定
7位 バーンリー(勝ち点54)※順位確定
8位 エヴァートン(勝ち点49)
9位 レスター(勝ち点47)
10位 ニューカッスル(勝ち点41)
11位 クリスタル・パレス(勝ち点41)
12位 ボーンマス(勝ち点41)
13位 ワトフォード(勝ち点41)
14位 ブライトン(勝ち点40)
15位 ウェストハム(勝ち点39)
16位 ハダースフィールド(勝ち点37)
17位 サウサンプトン(勝ち点36)
===========降格==========
18位 スウォンジー(勝ち点33)
19位 ウェスト・ブロムウィッチ(勝ち点31)※降格決定
20位 ストーク(勝ち点30)※降格決定

■プレミアリーグ第38節対戦カード(5月13日)

バーンリー vs ボーンマス
クリスタル・パレス vs ウェスト・ブロムウィッチ
ハダースフィールド vs アーセナル
リヴァプール vs ブライトン
マンチェスター・U vs ワトフォード
ニューカッスル vs チェルシー
サウサンプトン vs マンチェスター・C
スウォンジー vs ストーク
トッテナム vs レスター
ウェストハム vs エヴァートン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る