2018.05.09

チェルシーで幸せと語るアザール、CL出場権は優先事項ではない?

エデン・アザール
チェルシー愛を語ったアザール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、チャンピオンズリーグ(CL)でプレーすることだけが優先事項ではないと主張した。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今シーズンも残り2試合となったプレミアリーグ。現在5位のチェルシーは、すでに自力でCL出場を決めることは不可能となっているが、3位リヴァプール、4位トッテナムの結果次第では、十分に可能性が残されている状況となっている。

 仮にCL出場権を逃した場合、チェルシーの選手たちは移籍を望むのではないかと報じられており、その中の一人に挙げられているのがアザールだ。しかし、選手本人はそのようなことは考えていないようだ。

「ファンは僕が去るのを望んではいないと思う。ここではうまくやっていて、とても幸せだよ。物事は動くかもしれないし、動かないかもしれない。それは分からない。でも、チームメイトは大好きだし、僕の家族もここを気に入っている。もちろん、CLではプレーしたい。だが、それが優先事項ではないよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る