2018.04.19

リヴァプールの最多得点記録更新を狙うサラー「No.1になりたい」

サラー
クラブのレジェンドに近づきつつあるサラー [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、同クラブのシーズン最多得点記録更新への意欲を語った。大手メディア『ESPN』が18日に伝えている。

 14日に行われたプレミアリーグ第34節ボーンマス戦で、今シーズンの公式戦40得点目となるゴールを決めたサラー。リヴァプールの選手によるシーズン40得点は、元ウェールズ代表FWイアン・ラッシュ氏と元イングランド代表FWロジャー・ハント氏に次ぐ3人目のことだった。プレミアリーグは残り4試合、チャンピオンズリーグは最大で3試合を残しており、ラッシュ氏が1983-84シーズンに樹立したクラブ最多47得点の記録を塗り替える可能性も十分にある。

 プレミアリーグの番組に出演したサラーは、クラブレコード更新への意欲を以下のように語った。

「記録を塗り替える大きなチャンスだ。リヴァプールのようなクラブで1番になれるなんて、凄いことだよね。もし記録を塗り替えられたら、とても幸せだろう。40得点に到達したことも嬉しいし、これからもゴールを奪い続けたい。No.1になりたいね」

「リヴァプールのようなクラブのレジェンドたちに混ざって、自分の名前があるのはいつだって素晴らしいことだ。特別な感情を抱くし、とても嬉しいことだ」

「ただ、僕は常に自分のことに集中しているし、さらに上を目指している。40得点には到達したけれど、『もちろん、お前はNo.1になれるはずだ!』と自分に言い聞かせているよ」

 18日現在、プレミアリーグでも30ゴールを決めて得点ランキング首位に立っているサラー。とはいえ、クラブレコードの更新や得点王のタイトル獲得ばかりを狙っているわけではなく、チームのためにプレーすることの重要性を強調した。

「記録を塗り替えるためにベストを尽くしたい。ただ、前にも言ったように、僕らは11人で試合をするし、僕はチームのためにプレーする。個人タイトルを獲得できるかどうかというよりも、チームのために何が出来るかが重要だ。もちろん、チームメイトに得点のチャンスがあれば、お膳立てするよ。自分がどうこうではなく、僕らチームのことが大事だ」

 リヴァプールは次戦、21日に行われるプレミアリーグ第35節でウェスト・ブロムウィッチと対戦する。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る