2018.04.07

アーセナル、引退するメルテザッカーの代役にドルトムントのCB獲得か

ソクラティス・パパスタソプーロス
移籍が噂されるパパスタソプーロス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルは、ドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスの獲得を狙っているようだ。6日、イギリス紙『サン』が報じた。

 アテネでプロデビューしたパパスタソプーロスは、ジェノアやブレーメンといった各国のクラブを渡り歩き、2013年にドルトムントへ加入。キャプテンも務め、安定したプレーで同クラブの守備の要となっている。

 今回、同選手に対して、アーセナルが獲得を希望している可能性が浮上したようだ。同紙によると、今シーズン限りで引退する元ドイツ代表DFペア・メルテザッカ―の代役としてアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が今夏の移籍市場での獲得を熱望しているという。

 また、パパスタソプーロスはよりタイトルを獲得する為に今冬の移籍市場でドルトムントを退団するとも報じられていた。加えて、契約も来シーズン末で満了することから、ドルトムントも相応のオファーがあれば応じると報じられている。果たして同選手はプレミアリーグに初挑戦するのだろうか、去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る