FOLLOW US

ムヒタリアン、アーセナル加入の決め手は「ヴェンゲル監督の存在」

アーセナル加入の決め手を語ったムヒタリアン [写真]=Getty Images

 今年1月にマンチェスター・Uからアーセナルへ移籍したアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが、移籍の決め手を語った。5日付のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が同選手のコメントを伝えている。

 まずムヒタリアンは、チームスタイルが原因でマンチェスター・Uから移籍することを決めたと話した。

アーセナルへ移籍できると聞いた時、全く迷いはなかった。僕は攻撃的なスタイルのチームでプレーしたいと思っていたんだ。でも、ここまでアーセナルで良いスタートを切れるとは思っていなかったよ。僕は攻撃的にプレーする機会を失っていたからね」

 次にムヒタリアンは、移籍先としてアーセナルを選んだ理由にアーセン・ヴェンゲル監督の存在があったことを明かした。

アーセナルに加入することを決めた理由はヴェンゲル監督の存在だ。彼は僕を評価し、必要だと言ってくれた。(アレクシス・)サンチェスの代役としてではなく、1人の選手として評価してくれた。僕とサンチェスはプレースタイルも特徴も異なる選手だから。あまり比較されるべきではないと思っている」

 最後にムヒタリアンは「クラブのために今後もベストを尽くしたいと思っているよ」と意気込んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO