2018.04.06

ストーク指揮官、アフェライに続きベラヒーノもトップチームから追放

サイド・ベラヒーノ
追放を命じられたベラヒーノ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ストークに所属するイングランド代表FWサイド・ベラヒーノが、トップチームからの離脱を命じられたようだ。同日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ベラヒーノはコンディション調整のため同チームUー23でのプレーを命じられていたが、2日に行われたアストン・ヴィラ戦に遅刻して登場。このことに不満を持ったポール・ランバート監督はベラヒーノにユースチームでのプレーを命じ、トップチームから離脱するように伝えたという。また、同選手には罰金も課された模様だ。

 ベラヒーノは1993年8月4日生まれの現在24歳。2011年にウェスト・ブロムウィッチの下部組織からトップチームへ昇格した。2017年1月にストークへ移籍加入。今シーズンのプレミアリーグでは15試合に出場している。

 ランバート監督は以前にも練習態度の悪さが原因で元オランダ代表MFイブラヒム・アフェライをトップチームから追放していた。現在ストークはプレミアリーグで降格圏の19位に沈んでいる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る