2018.04.02

WBAがパーデュー監督と契約解消…残留ラインと勝ち点差「10」で最下位

アラン・パーデュー監督
WBAと契約解消に至ったパーデュー監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)はアラン・パーデュー監督との契約を解消すると発表した。2日、公式サイト上で発表している。

 パーデュー監督は昨年11月にWBAの監督に就任したものの、リーグ戦18試合でわずか1勝のみと不振に喘いでいた。同クラブは残留ラインから勝ち点「10」差と大きく離され最下位に位置している。

 WBAは3月31日に行われたプレミアリーグ第32節バーンリー戦で1-2と敗れ、公式戦9連敗。これを受けWBAはパーデュー監督と話し合いを設け、双方合意の下、契約を解消することで合意した。

 WBAの監督は、アシスタントを務めていたダレン・ムーア氏が、暫定的に務めることになる。また、同クラブは7日に行われるプレミアリーグ第33節で、スウォンジーをホームに迎える。残り6試合でWBAは降格圏から脱することはできるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る