2018.03.28

元英代表DFテリー、今季限りで引退か…将来はチェルシーの指揮官に?

テリー
今シーズン限りで引退を検討しているテリー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イングランド2部のアストン・ヴィラに所属する元イングランド代表DFジョン・テリーが、今シーズン限りで現役引退を検討しているようだ。28日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 テリーは2017年7月に20年間過ごしたチェルシーを退団し、2部のアストン・ヴィラに加入した。同選手は他のプレミアリーグクラブへの移籍も可能であったが、チェルシーと対戦することに耐えられないという理由から格下のリーグへの移籍を希望したようだ。

 同選手は現在アストン・ヴィラで現役で活躍している中、監督を目指すためにコーチングライセンスの獲得に励んでいる。

 テリーは自分の将来について次にように語った。

「もちろん将来的には監督という形でチェルシーに戻りたいと思っているよ。でも同時にいきなりチェルシーのようなクラブに新人監督が主任できないこともわかっている」

「僕も(元イングランド代表MFスティーブン・)ジェラードのようにアカデミーなどで経験を積みたいね。でもまずそのためには現役を引退しないとならない。まだどうなるかはわからないよ」

 テリーは公式戦通算727試合に出場し、66ゴール29アシストを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る