2018.03.06

アザール、“偽9番”での起用に不満か「全然ボールに触れなかった」

エデン・アザール
戦術への不満を明かしたアザール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールは、”偽9番”で起用されたことに不満を持っているのかもしれない。5日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。



 4日に行われたプレミアリーグ第29節でマンチェスター・Cと対戦したチェルシー。前半はチャンスを作れずシュート0本、1試合を通してもシュート2本で枠内シュートはゼロに抑えられ、0−1で完封負けとなっていた。

 同試合でアントニオ・コンテ監督は、スペイン代表FWアルバロ・モラタやフランス代表FWオリヴィエ・ジルーを起用せず、アザールを”偽9番”として起用していた。しかし、アザールはこの戦術に完全に納得しているわけではないようだ。

「ピッチを離れる時には走っていたという印象は受けるものだ。だが、ほとんどサッカーをさせてもらえなかった。これはとても惨めなことだよ」

「僕たちは3時間プレーしていた感じだったが、僕はほとんどボールに触ることができなかった。終盤は少しマシになったけどね。最後の10〜15分は少しポゼッションすることができていたが、僕たちは試合を通してあれをしなければならなかった」

 また、コンテ監督は再び自身を”偽9番”として起用されるかと問われたアザールは「僕には分からない」と答え、次のように続けた。

「でも監督が再び僕を最前線に起用すれば全力を尽くすよ。だが、チームはあまりいい試合を行えなかった。そして、僕にとっても3回程度しかボールに触れなければ、いいプレーをすることは難しい」

「ボールを持った時にはもっといいプレーができたと思う。僕たちは間違った選択をしていたこともあったが、たくさんの機会があったわけではない。僕たちにはチャンスを作り出す機会は少なからずあったけど、それはできなかった。それができていたらゴールも奪えていたと思う。だが、マンチェスター・Cと対戦したんだ。難しいことだよ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る