2018.02.28

マンUのモウリーニョ監督、新契約の交渉進まない2人に不満か

マンチェスター・U
アントニー・マルシャル(左)とマルコス・ロホ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は新契約の交渉が進まないフランス代表FWアントニー・マルシャルとアルゼンチン代表MFマルコス・ロホに不満を抱いているようだ。イギリスメディア『デイリーミラー』が27日に伝えている。

 マルシャルとロホの現契約は今シーズンまでとなっており、マンチェスター・Uは12月から両選手と新契約について話し合いを始めている。しかし、交渉開始から2カ月以上が経った今でも両選手は新契約にサインをしていない。

 フランス代表MFポール・ポグバ(週給約4000万円)やベルギー代表FWロメル・ルカク、チリ代表FWアレクシス・サンチェスなどの大きな契約を考えると、マルシャルとロホの現契約での週給は約7万ポンド(約1000万円)と、比較的少ない。同メディアによると、両選手は給料の増加を求め新契約にサインしていないという。モウリーニョ監督は両選手の流出やチーム内での不和を懸念し始めているようだ。

 マルシャルは今シーズンリーグ戦27試合に出場し、9ゴール。ロホは7試合に出場している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング