2018.02.28

スイス調査機関、欧州5大リーグのベストドリブラー100を発表…首位は?

ネイマール、アザール、メッシ
ベストドリブラー100のトップ3に入ったネイマール、アザール、メッシ(左から) [写真]=Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 スイスに拠点を持つサッカー関連調査機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が26日、今シーズンの欧州5大リーグ(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、リーグ・アン、セリエA)でプレーする選手を対象にした「ベストドリブラー100」を発表した。

 1試合平均のドリブル成功数と、今シーズンの全ドリブル試行数と成功数をもとにした「全ドリブル成功率」を掛けて算出された「ドリブル指数」によって割り出された今回のランキング。首位に輝いたのは、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールだった。同選手が記録している1試合平均のドリブル成功数は全選手中2位となる6.4回、さらにシーズン全体でのドリブル成功率も75パーセントと高い数値を弾き出したことが、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールやバルセロナのアルゼンチン代表FWメッシを抑えてトップに輝いた理由のようだ。

 レアル・マドリードへ移籍する可能性を取り沙汰されているアザールだが、今回のランキングによってデータ上でも世界屈指の選手であることが証明されたようだ。

「ベストドリブラー100」のトップ10は以下の通り。なお、2位以下の「ドリブル指数」は、首位アザールの指数(4.8)に対する割合を示している。

1位:エデン・アザール(チェルシー)…6.4本/75パーセント/100
2位:ネイマール(パリ・サンジェルマン)…7.3本/62パーセント/94
3位:リオネル・メッシ(バルセロナ)…5.5本/62パーセント/70
4位:タングイ・エンドンベレ(リヨン)…3.7本/74パーセント/56
4位:ムサ・デンベレ(トッテナム)…3.0本/88パーセント/56
6位:アレハンドロ・ゴメス(アタランタ)…3.7本/71パーセント/55
7位:アルトゥーロ・マスアク(ウェストハム)…4.3本/59パーセント/53
8位:ソフィアン・ブファル(サウサンプトン)…4.6本/53パーセント/51
9位:マリオ・レミナ(サウサンプトン)…3.0本/79パーセント/49
10位:ナビル・フェキル(リヨン)…6.4本/70パーセント/49

※数字は左から1試合平均のドリブル成功数/全ドリブル成功率/ドリブル指数

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る