2018.02.26

コンテ監督、モラタの幻のゴールに言及「VARの導入に賛成だよ」

モラタ
モラタ(右)は同点ゴールを決めたと思われたがオフサイドの判定で取り消しに [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督が、マンチェスター・U戦でスペイン代表FWアルバロ・モラタのオフサイドのシーンについてコメントを残している。

 先制点を挙げ、試合を優位に進めていたものの逆転負けを喫したチェルシー。しかし85分にFKからモラタがネットを揺らしたシーンが、オフサイドと判定されてノーゴールとなった。

 このプレーに関してコンテ監督は「こういった判定は試合結果に影響を与えるよ」とコメント。さらに「こういった理由から、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の導入に賛成だよ。審判を助けて、ミスを減らすための新しいシステムを導入するべきだ」と話し、オフサイドではなかったことを主張している。

 VARはイングランドではFAカップで採用されており、導入については賛否両論分かれている。来シーズン以降プレミアリーグでVARの導入も検討されるだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る