FOLLOW US

疑惑の残るVAR判定でゴール取り消しも…取り消されたマタは導入に賛成

一度は決めたもののVARによってゴールを取り消されたマタ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するスペイン代表MFフアン・マタがビデオ・アシスタント・レフェリー制度(VAR)について言及し、賛成の意見を述べている。19日、同選手の公式サイトを引用しイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 18日に行われ、2-0で勝利したFAカップ5回戦のハダースフィールド戦で、前半終了間際にマタはネットを揺らしたが、VARによってオフサイド判定となった。このジャッジについては誤審だったのではないかと未だに議論されているが、このことに関して本人が言及している。

「今回のVARの判定は私たちに不利なものではあったね。しかし、試合後のインタビューでも言ったようにVARは将来的には審判の素晴らしい助けになるはずだ。審判の仕事というのはとても大変だからね。それに、VARによってサッカー界にさらなる公正さがもたらされるだろう」
 
「でもこの技術は試合が決定する場面のみで使用し、多様は避けたほうがいいね。頻繁に試合を中断するのは非常によくないことだと思う。土曜日の試合の時は長かったから、それと比べて最終決定までの時間を短縮し、もっと正確でなければね」

 VARの導入には多くのサッカー界の人物がコメントしているが、疑惑の残る判定を下されたマタは賛成の立場に立っているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA