FOLLOW US

レアルら欧州ビッグクラブが英2部の17歳DFに関心…マンUと争奪戦か

昨シーズン、16歳にしてフルハムで定位置を掴んだセセニョンの争奪戦が勃発するようだ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードが、フルハム(イングランド2部)に所属するU-19イングランド代表DFライアン・セセニョンに関心を寄せているようだ。26日付でスペイン紙『アス』のイギリス版が報じた。

 2000年5月18日生まれの現在17歳のセセニョンは、昨シーズンのイングランド・チャンピオンシップ(2部相当)で25試合に出場し、5ゴールを記録。昨冬にはトッテナムが獲得に動くなど、逸材として注目を集めてきた。

 同メディアによると、ヨーロッパでも指折りの逸材であるセセニョンをレアル・マドリードが、来年5月に30歳となる左サイドバックのレギュラー、ブラジル代表DFマルセロの後継者として獲得を目指している模様。

 また、イギリス紙『ガーディアン』によると、依然として関心を抱き続けるトッテナムに加え、マンチェスター・Uもセセニョン獲得の意思を持っているようだ。

 すでに同クラブはフルハムに2500万ポンド(約38億円)の獲得オファーを提示したようで、来夏の移籍市場で争奪戦が繰り広げられると予想されている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO