2017.11.21

監督解任のWBA、ファンが望む後任は? 一番人気は元エヴァートン指揮官

ロナルド・クーマン氏
ウェスト・ブロムウィッチの後任としてファンから要望の声があがる元エヴァートン指揮官のロナルド・クーマン氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェスト・ブロムウィッチの次期監督候補にサポーターが元エヴァートン指揮官を推しているようだ。

 19日に行われたプレミアリーグ第12節でウェスト・ブロムウィッチは昨季王者のチェルシーに0-4で敗れ10試合白星なしに。そして20日、同クラブは成績不振のためトニー・ピューリス監督の解任を発表した。後任の選考には注目が集まっており、監督解任直後にイギリスメディア『エクスプレス&スター』が後任候補アンケートをファンに実施し集計した。

 同メディアが実施した次期代表監督についての緊急アンケートでは、20日夜の段階でロナルド・クーマン氏がトップの人気を誇っている。約5000人が投票した今回のアンケートではエヴァートンの前指揮官が回答者の四分の一の27%の票を獲得した。

 また、スコティッシュ・プレミアリーグのアバディーンで指揮を執るデレック・マッキンズ監督が15%で2位。元クリスタル・パレス指揮官のサム・アラダイス氏が13%で3位に名を連ねた。ウェスト・ブロムウィッチのジョン・ウィリアムズ会長とマーティン・グッドマン最高経営責任者がブラックバーンでアラダイス氏と共に働いていたこともあり、同メディアは同氏に肯定的な見方を示している。

サム・アラダイス氏

元クリスタル・パレス監督のサム・アラダイス氏 [写真]=Getty Images

 元マンチェスター・C指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ氏と元ドルトムント指揮官のトーマス・トゥヘル氏がそれぞれ10%を受け取り同率4位。惜しくもW杯本戦出場を逃した北アイルランド代表のマイケル・オニール監督が7%を獲得し6位にランクインしている。

マヌエル・ペジェグリーニ氏

マンチェスター・Cの前指揮官のマヌエル・ペジェグリーニ氏 [写真]=Getty Images

 一番人気のロナルド・クーマン氏は今年10月にエヴァートンの指揮官を解任されて現在はフリーであること、そして何より就任以前は11位止まりであったエヴァートンをヨーロッパリーグ出場圏内の7位まで押し上げた実績を考えれば、クーマン氏の監督就任を望む声が多いことは理解できる。果たして、ウェスト・ブロムウィッチの再建を任される指揮官は誰になるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る