2017.11.19

ポチェッティーノ監督、ダービーでの判定に不満「失望している」

マウリシオ・ポチェッティーノ監督
判定に不満を露わにしたポチェッティーノ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、プレミアリーグ第12節アーセナル戦での判定に不満を抱いているようだ。18日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 トッテナムは18日に行われたアーセナル戦で2失点を喫し敗れた。2014年にポチェッティーノ監督が就任して以来初のリーグ戦における“ノースロンドンダービー”敗戦となった。

 しかし同監督は『スカイスポーツ』に対し、オフサイドに関する判定に疑問が残ると指摘。主審のマイク・ディーン氏のジャッジに不満を露わにした。

「1点目は明らかにオフサイドだった。2点目もおそらくオフサイドだと思う。アーセナルのようなトップ6との対戦においてはそのようなことで簡単に流れが変わってしまう。結果には失望しているよ。でもこれがフットボールだ」

 第12節終了時点でトッテナムは順位を1つ下げ4位に、アーセナルは6位につけている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る