2017.10.24

好調ワトフォードDF、昨季王者に敗戦も「僕たちは何も恐れていない」

カバセレ
好調ワトフォードで8試合に出場するカバセレはチームへの自信を語った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ワトフォードに所属するベルギー代表DFクリスティアン・カバセレが、2-4で敗戦を喫したチェルシーとの一戦を振り返り、今後の意気込みを語った。地元紙『Hertfordshire Mercury』が23日付で報じている。

 今シーズン、プレミアリーグ第9節終了時点で4勝3分け2敗で6位につけ、前評判を良い意味で覆す活躍を見せているワトフォード。

 21日に行われた前節チェルシー戦では試合終盤に続けざまに失点を喫し、4試合ぶりの敗戦となっていたワトフォードだが、今シーズン8試合に出場しているカバセレは「今シーズンはまだ始まったばかりだけど、僕たちは非常によくプレーをしているね。チームはこのようなプレーをするのが容易でないことを知っている。だけど僕たちは何も恐れていない。我々はこれを続ける必要がある」と強気な姿勢を見せた。

「(3-3のドローで終わった)リヴァプール戦、アーセナル戦の勝利、チェルシー戦で勝ち点を得られなかったこと、これらの試合で僕たちが自由にプレーできることを示せた。試合開始直後、君たちはワトフォードの勝利を期待することはないだろう。だけど後半になると僕たちが勝てるとわかった。それはチームがとてもよくプレーしていることを示している」

 今シーズンのプレミアリーグにおいて“ダークホース”的存在となっているワトフォードは、これからも好調を維持することができるのだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る