2017.10.20

スコールズ氏、英3部での監督就任ならず…「やりたかった」と明かす

スコールズ
現在はコメンテーターとして活動しているスコールズ氏 [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イングランド代表のポール・スコールズ氏が、リーグ1(同国3部)に所属するオールダム・アスレティックから監督就任の打診を受けた件について自身の心境を明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 マンチェスター・U一筋で活躍し、2012-13シーズン限りで現役を引退したスコールズ氏。現在は解説者、コメンテーターとして活動しているが、オールダム・アスレティックが指揮官就任を打診したことが報じられた。だが、全指揮官退任後に暫定指揮を執ったリッチー・ウェレンズ氏が公式戦5試合で4勝1分けと好成績を残したため、同氏の正式就任が決定。“スコールズ監督”誕生は見送りとなった。

 スコールズ氏は「私はこの仕事をやりたかった。こちらから隠すことではないだろう。私は関心を持っていたし、良い話し合いをすることができた。でも、数人の候補に打診をしていたんだろうね。リッチーが5試合で残した結果を無視することもできなかったのだろう。彼は素晴らしい仕事をしているよ」と、指揮官就任を望んでいたことを明かしている。

 オールダム・アスレティックは、スコールズ氏が幼少期に憧れていたクラブ。今回は指揮官就任とはならなかったが、近い将来、再びチャンスが巡ってくる可能性はあるだろう。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る