2017.10.17

年間ゴール数は共に「43」…スペイン紙がC・ロナウドとケインを比較

クリスティアーノ・ロナウド、ハリー・ケイン
年間ゴール数で並んでいる(左)C・ロナウドと(右)ケイン
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のレアル・マドリード対トッテナムが、17日にレアルの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで開催される。2連勝チーム同士の対戦というこの大一番を前に、スペイン紙『アス』は、両チームのエースであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとイングランド代表FWハリー・ケインを、16日付の記事で比較している。

 記事によると、C・ロナウドとケインの両FWは、2017年に入ってからここまでのおよそ10か月間で、同じ数のゴールを記録しており、その数は「43ゴール」。この数字は、CLで同じグループのドルトムントのガボン代表FW、ピエール・エメリク・オーバメヤンと並び、2017年の世界年間ゴールランキングの4位に入っているそうだ。

 両FWの2017年の大会別の数字に注目してみると、国内リーグ戦では、C・ロナウドが今シーズンは第8節で初ゴールという出遅れもあって、「27ゴール対16ゴール」とケインが圧倒。一方、CLの舞台では、今シーズンの数字に限定すると、「5ゴール対4ゴール」とケインが僅差で上回っているものの、2017年のトータルでは、チームが優勝を飾った昨シーズンの決勝トーナメントにおける“貯金”によって、C・ロナウドが「14ゴール対5ゴール」と大きく上回っている。

 また、国内カップ戦やスーパーカップなど、その他のクラブチームの大会での合計のゴール数では、「4ゴール対2ゴール」でケインに軍配。しかしながら、共に2018 FIFAワールドカップ ロシアへの出場権を獲得した代表チームの方では、「11ゴール対7ゴール」でC・ロナウドに軍配が上がっている。

 共に年間ゴール数「43ゴール」の状況で、CLにおける大事な試合を迎える2人のストライカー。果たして、ゴール数を伸ばしてチームに貢献するのは、どちらのFWとなるのだろうか。両選手の試合でのパフォーマンスに注目だ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る