2017.08.10

チェルシー、バルサのセルジ・ロベルト獲得へ…マンUなどが関心か

バルセロナのMFセルジ・ロベルト
チェルシーがサイドの補強候補としたS・ロベルト [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーがバルセロナに所属するスペイン代表MFセルジ・ロベルトの獲得に向けて本格的に動き出しているようだ。イギリス紙『エクスプレス』が9日付で報じている。

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は今夏の移籍市場における選手獲得状況に満足しておらず、プレミアリーグのシーズンが開幕した後も選手を獲得する予定であることを明かしている。特にコンテ監督は右ウィングバックを務めているナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスと定位置を争うことのできる選手と、マンチェスター・Uに移籍したセルビア代表MFネマニャ・マティッチの代役となる選手の獲得を希望している。同紙によると、コンテ監督は中盤とサイドをこなすS・ロベルトの獲得を現段階では強く希望しており、クラブ側にもその旨を伝えているという。

 S・ロベルトはバルセロナで昨シーズンのリーガ・エスパニョーラ32試合に出場していたが、今季から指揮官となったエルネスト・バルベルデ監督の信頼を完全に掴んでいるとは言い難い状況のようだ。そのため、S・ロベルト本人は移籍も視野に入れており、チェルシーとマンチェスター・Uによる争奪戦が行われる見込みのようだ。今後のS・ロベルトの去就に注目が集まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る