2017.06.29

U-21イングランド代表、PK失敗のレドモンド「本当に申し訳ない」

ネイサン・レドモンド
PKを外してしまったネイサン・レドモンド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 U-21欧州選手権準決勝が27日に行われ、U-21イングランド代表とU-21ドイツ代表が対戦し、PK戦の末ドイツ代表が決勝戦進出を決めた。PK戦でシュートを止められ敗戦を決めてしまったネイサン・レドモンドが、PKのミスを謝罪し、コメントを残した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が28日に伝えた。

 U-21イングランド代表とU-21ドイツ代表の一戦は90分を2-2で折り返し、延長戦でも両者譲らず、決着はPK戦へ委ねられた。互いに2人目のキッカーが失敗し、先攻のドイツは5人目を終えて4人が成功。そしてイングランドの5人目、ネイサン・レドモンドのシュートをドイツGKユリアン・ポラースベックが止めた。2本のシュートを阻止したGKポラースベックの活躍で、ドイツがPK戦を4-3で制していた。

 試合の翌日、レドモンドはTwitterで画像のコラージュをツイートし、コメントを残した。

「僕の人生の大きな一章が終わった。みんなの応援とメッセージ、ありがとう。『準決勝のPKでミスしてしまったことは、本当に申し訳ない。僕はこれらの経験から学び続け、いつものように毎日、選手としてうまくなるよ。そしてイングランド代表のユニフォームを着られることを永遠に誇りに思う。この章をこんな形で終わらせることは悲しいことだが、私は多くを得られた。僕は監督、コーチ、医療スタッフ、道具スタッフ、警備員、そしてプレイヤーが、私が人として、プレイヤーとして学び成長するのを助けてくれたことに本当に感謝したい。僕たちがプレーしている姿を何年も見てきたファンにも本当に感謝しているよ。#ENGLLAND #FA #LiveAndLearn #LoveTheGame #ThankYou』」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング