2017.05.14

豪快ボレーの岡崎にチーム最高タイの評価…地元紙「ワールドクラス」

岡崎慎司
マンC戦で今季3点目となるゴールを挙げた岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 豪快なボレーシュートを叩き込んだ岡崎慎司を地元メディアが称賛している。

 プレミアリーグ第37節が13日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターはアウェイでマンチェスター・Cと対戦。先発出場した岡崎は今シーズンのリーグ戦3点目となるゴールをマークした。

 2点ビハインドで迎えた42分、左サイドからイングランド人MFマーク・オルブライトンが上げたクロスに反応すると、左足ボレーで合わせる。完璧に捉えたボールがゴールネットに突き刺さった。

 レスターはその後の反撃も実らず1-2で敗れたが、地元紙『Leicester Mercury』は試合後の採点で岡崎にチーム最高タイとなる「7」の高評価(最低1点、最高10点)を与え、「なんてボレーだ。彼はボールをバウンドさせることなく、ワールドクラスのゴールを決めた」と絶賛した。

 また、イギリス紙『デイリー・メール』も岡崎に「7」と高い点数をつけた。これは、勝利を収めたマンチェスター・Cのスペイン代表MFダビド・シルバの「7.5」に次ぐ、2位タイの高評価となっている。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る