FOLLOW US

最下位サンダーランドのモイーズ監督、サポーターから退任要求も拒否「私が監督だ」

サポーターからの批判が強まっているモイーズ監督 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグで最下位に沈み、降格が迫っているサンダーランドを率いるデイヴィッド・モイーズ監督が、サポーターからの退任要求に対して強く反発する姿勢を見せた。イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 サンダーランドは26日に行われたプレミアリーグ第28節延期分のミドルズブラ戦でも0-1で敗戦。2月4日の第24節クリスタル・パレス戦以来、勝利から遠ざかっており、5勝6分22敗の勝ち点「21」で最下位に沈んでいる。今週末にも降格が決定する可能性もあり、試合中には「モイーズ出ていけ」というサポーターの大合唱が聞こえたが、指揮官はこの訴えを気に留めていないようだ。

「私は辞めない、私が監督だ。全て受け止めるよ」と力強く宣言。「私もフットボールの一ファンとして、愛するチームの負ける姿を見たくない気持ちはよく分かる」とサポーターの気持ちを理解しながらも「私以上に勝利に飢えている人間はいない。私だって負けに慣れたくなんかないんだ」と反発した。

「批判されて然るべき結果だとは分かっている。でも我々も今の順位に決して満足なんかしてはいない。チャンスがある限り、前に進み続ける」と諦めずに戦う意欲を見せている。

 サンダーランドは次節、29日にホームで13位のボーンマスと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA