2017.04.27

アンリ氏、古巣アーセナルの劣勢予想「トッテナムで通用するのは…」

アンリ
アンリ氏(左)がノース・ロンドン・ダービーを展望した [写真]=Photonews via Getty Images、Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 30日にトッテナムとの“ノース・ロンドン・ダービー”を控えるアーセナルの現状について、クラブOBである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏は悲観的な見方をしているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 アーセナルは今月30日、プレミアリーグ第35節でトッテナムと対戦する。公式戦での過去の対戦成績では75勝49分け55敗と優勢だが、トッテナムがプレミアリーグで2位につけて好調をキープしている一方で、アーセナルは6位に甘んじている。結果に不満を募らせるサポーターはアーセン・ヴェンゲル監督の退任を要求。チーム状況は混とんとしている。

『スカイスポーツ』の番組に出演したアンリ氏は、現在のアーセナルについて「アーセナルの選手の中で、トッテナムに行って通用している姿を想像できるのはアレクシス・サンチェスだけだ。他の人たちも同意見だと思う」と、古巣の選手たちに厳しいコメント。「ただし、トッテナムが楽に勝てるというわけでもないけどね」とも付け加えていたが、戦力面でのアーセナルの劣勢を指摘した。

 今シーズン、両クラブは昨年11月6日のプレミアリーグ第11節で対戦。オウンゴールでアーセナルが42分に先制するも、トッテナムが追い付いて1-1の引き分けに終わった。2度目の対戦となる30日の試合はアンリ氏の予想通り、トッテナム優勢の試合展開となるのか、それともアーセナルが意地を見せるのか。大いに注目の集まる一戦となりそうだ。

(記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る