2017.04.04

トッテナム指揮官、激戦のプレミアリーグ制覇へ…一戦必勝の決意を語る

ポチェッティーノ監督
目の前の試合に集中するポチェッティーノ監督 [写真]=AMA/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 1日に行われたプレミアリーグ第30節で、首位チェルシーがホームでクリスタル・パレスに1-2で敗れた一方、2位トッテナムはアウェイでバーンリーに2-0の勝利を収め、両者の勝ち点差は7に縮まった。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は来週までにその勝ち点差を1に縮められる可能性があると計算しているようだ。イギリス紙『サン』が3日付で伝えている。

 5日にトッテナムがアウェイでスウォンジーと戦う一方、チェルシーはホームに強豪のマンチェスター・Cを迎える。ここでトッテナムが勝ち、チェルシーが敗れた場合、両者は勝ち点差4となった状態で週末のリーグ戦を迎えることになる。8日に行われるトッテナム対ワトフォードの一戦は12時半にキックオフされるが、ボーンマス対チェルシーは17時半に開始となるため、チェルシーはトッテナムの結果を受けて試合に臨むことになる。ここでもトッテナムが勝ち点3を獲得した場合、チェルシーは勝ち点差1のプレッシャーを感じながらプレーしなければならない状況となる。

「2試合後には勝ち点差1になっているなんて考えるのは確かに“クレイジー”なことだろう」と認めるポチェッティーノ監督。しかしその一方で、「不可能なことは何もない。それが我々の哲学だ。フットボールで最も重要なことは信じることだ。クオリティーだけではなく、信じること、戦うことだ」と、優勝に向けて前向きな姿勢を見せた。

 先を見据えながらもチームとしては「1つ1つ目の前の試合を勝っていくだけ」だと話すポチェッティーノ監督は、水曜日に行われるスウォンジー戦に集中することを誓っている。

 (記事/Footmedia)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る