2017.02.22

レアル、20歳の独代表FWブラント獲得狙う…リヴァプールと争奪戦か

ブラント
レアルとリヴァプールからの関心を報じられたFWブラント [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レヴァークーゼンに所属するドイツ代表FWユリアン・ブラントをめぐって、レアル・マドリードとリヴァプールが争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が21日に報じている。

 同紙によると、22日に行われたチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、レヴァークーゼンとアトレティコ・マドリードの一戦に、レアル・マドリードがスカウトを派遣したという。同試合でブラントは先発メンバーに名を連ね、87分までピッチに立った。

 レアル・マドリードが注目しているブラントについては、リヴァプールも獲得候補に挙げていると報じられている。同クラブはレスターのU-21イングランド代表MFデマレイ・グレイにも関心を示している模様だが、今後はレアル・マドリードとリヴァプールの間でブラント争奪戦が勃発するかもしれない。

 ブラントは1996年生まれの20歳。2014年1月からレヴァークーゼンでプレーし、各年代のドイツ代表に選出されている。ユーロ2016の同国代表候補にも名を連ねたが、本大会出場メンバーには選出されなかった。今シーズンはブンデスリーガ第21節終了時点で全21試合に出場(先発は16試合)で、2ゴールを記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る