2017.02.21

リーグで1試合1ゴール未満…低迷レスター、英7部所属FWを練習に招待へ

レスター
得点力不足に悩み、17位に低迷しているレスター [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが、7部リーグ所属クラブのストライカーを練習に参加させるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が19日に報じている。

 今シーズン、プレミアリーグ第25節終了時点で残留圏内ギリギリの17位に沈んでいるレスター。25試合で24ゴールと1試合1ゴールに満たず、得点力不足に悩まされている。

 今回の報道によるとレスターは、イングランド7部に相当するノーザンプレミア・フットボールリーグのスタッフォード・レンジャーズに所属するイングランド人FWジョシュ・ゴードンを練習に参加させるようだ。同選手は現在22歳で、ストークでキャリアを始め、ピーターバラ・ユナイテッド(イングランド3部)などを経てスタッフォード・レンジャーズに加入。ノーザンプレミア・フットボールリーグで10ゴールを記録したという。

 昨シーズンのプレミアリーグで24ゴールを挙げ、“奇跡”と称された優勝の立役者となったヴァーディも、もともとは下位リーグのクラブを渡り歩いてきた苦労人。果たして、ゴードンは得点力不足に悩むレスターの起爆剤となり得るだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る