2017.02.09

クロップ監督、元教え子オーバメヤンの獲得を画策か…スタリッジは放出へ

クロップ、オーバメヤン
2013ー14シーズンから2年間ドルトムントで共に戦ったクロップ監督(左)とオーバメヤン(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2017年に入って未勝利が続くリヴァプールは来夏の補強として、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを獲得するのではないかと噂されている。7日付のイギリスメディア『Talksport』が伝えた。

 オーバメヤンにはマンチェスター・Cやレアル・マドリードなどが関心を示しているが、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督も獲得レースに参戦したと報道されている。

 また2020年まで契約を残すオーバメヤンの獲得資金として、クラブは今シーズン不調にあえぐイングランド代表FWダニエル・スタリッジをウェストハムに放出する考えにあるという。

 フランスメディア『RMC』に出演したオーバメヤンは自身の去就について「僕が次のレベルへ行くためには夏に移籍する必要がある」とコメントを残しており、移籍を否定しなかった。

 クロップ監督は過去、オーバメヤンに何度かアプローチをかけるものの、いまだ実現には至っていない。ドルトムントで2013-14シーズンから2年間ともに戦った両者が再開を果たすことはあるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
フライブルク
3pt
フォルトゥナ・デュッセルドルフ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
アスレティック・ビルバオ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング